設備機器 検索結果一覧

425件の設備機器を表示

表示件数

倒立型ルーチン顕微鏡

セミドライブロッティング装置

シーソーシェーカー

恒温恒湿器

パーティクルカウンター

日本薬局方標準温度計

CO2インキュベーター

開放試験室

マウス飼育ケージ

凍結切片作製装置

ライカ バイオシステムズ

凍結した組織から、共焦点レーザー顕微鏡等で観察する標本用の薄切切片を作る装置です。
凍結切片は、高い熱やアルコール・有機溶媒に暴露されないため、特に酵素、蛋白、アミノ酸などの組織化学的な検出に優れています。

熱分析装置

理学電機(株)

昇温、冷却、等温、加湿下で温度変化や重量変化、長さの変化を調べることで、各種素材の融点・ガラス転移温度・熱分解温度・熱膨張率・吸湿特性といった熱物性が求められる。これにより、材質確認や耐熱性等が把握できる。

酸素・窒素・水素分析装置

LECOジャパン合同会社

金属等の試料を不活性ガス中においてインパルス加熱融解し、その試料中に含まれる酸素、窒素、水素の量を赤外線吸収法および熱伝導度法により、ppmから%オーダの幅広い範囲で同時に定量分析することができます

電子線マイクロアナライザー

日本電子(株)

金属材料、無機材料等の元素の定性分析及び定量分析、元素の分布測定(線、面分析)、化合物の結合状態の分析(相分析)、微小領域の表面観察など、素材や製品等についてサブミクロンからセンチメートルまでの領域の「どこに」、「何が」、「どれくらい」、「どんな形で」、「あるか」を分析、評価することができます。

核磁気共鳴装置

日本電子(株)

磁場の中に置いた試料に電磁波を照射し、試料中の原子核がその特性に基づいて吸収する周波数を、その吸収強度の関数として記録する装置です。有機化合物の分子構造に関する多くの情報が簡便に得られることから、分子構造解析ための最も有力な分析装置のひとつです。

校正用光学フィルター

多機能超高速液体クロマトグラフ(UHPLC)

ウォーターズ(株)

様々な成分を迅速に分離して確認及び定量する装置です。6種類の検出器を搭載した超高圧対応(105MPaまで)の液体クロマトグラフシステムであり、バイオ医薬品や低分子医薬品の試験法開発及び品質管理など幅広い用途に利用できます。

整粒機

深江パウテック(株)

原料を回転するインペラ羽根で円錐状のスクリーンに押し付け、整粒する装置です。主に、撹拌造粒で発生した粗大粒を整粒するのに適しており、湿式及び乾式整粒に対応可能です(錠剤粉砕、カプセル粉砕も可能)。

撹拌造粒機

深江パウテック(株)

容器底面の撹拌羽根と側面の解砕羽根を高速で回転させることによって造粒する装置です。
重質で球形の造粒物が得られることから、顆粒剤の製造に適しています。

押出造粒機(スクリュー型)

(株)ダルトン

原料粉末に結合剤を加えて練合し、練合物をスクリーンから強制的に押し出して成形造粒する装置です。前押出と横押出による造粒が可能です。

押出造粒機(バスケット型)

(株)畑鉄工所

原料粉末に結合剤を加えて練合し、練合物をスクリーンから強制的に押し出して成型造粒する装置。
顆粒剤の試作ができるほか、球形造粒機と組み合わせることで球形顆粒の試作も可能。